用語集


正会員〈業者〉
証券取引所のなかで株式の売り買いができる業者。
成功報酬型ワラント
あらかじめ決められた権利行使価格で企業の新株を購入できる権利(ワラント)が付いた社債。
成功報酬制度
投資の運用成果を上げるために、運用利益のなかから一定の金額を運用委託先に支払うこと。
政策投資
経営参加や系列化、営業関係強化などを目的に株式投資をすること。
清算機関
株式や先物取引において、当事者の間に入って受け渡しや決済を専門にする機関。
政治銘柄
政治家が政治資金づくりなどで絡んでいるとされる株。
成長株
将来、成長が期待される会社の株。
整理
買い進まれた株が下げ相場で売られていくこと。
整理ポスト
上場廃止が決まった銘柄が入るポスト。
セキュリタイゼーション
金融の証券化のことで、銀行の貸し出しや住宅ローンなどが小口の証券のかたちに変えられ、投資家に金融商品として販売されること。
セクター
株式を業種やテーマ、材料ごとに分類し、銘柄の集まりをつくること。
設定
投資信託で、投資家から集めた資金を信託会社に預け、信託財産を設けること。
ゼロクーポン転換社債
利息を付けない代わりに、額面より低い価格で発行する転換社債。
零銭(ゼロ銭)
証券会社が不足の株を証券金融会社へ無料で貸すこと。
ゼロプレミアム債
転換価格を時価と同じ水準で決める、アップ率ゼロの転換社債。
先駆株
上昇相場に入った時、他の株に先行して上昇をし始める株。
先見性
株価が景気の先行きなど、将来の材料をっすでに織り込んでいること。
潜在株式
転換社債やワラント債で、将来株式に変わる可能性のあるもの。
先導株比率
出来高上位10銘柄の全出来高に占める比率のことで、物色の集中度を計る指標。
全値押し
株価の動きで上げ幅の分だけ下げること。
前場
午前中に行われる立ち会い。
前引け
前場の最後に成立した取引。
選別買い
自分なりに設定した投資方針・基準に基づいて研究・分析して、内容のいい株式を選び出して株を買うこと。
全面規制
相場が極端に加熱した時に、信用取引全体にかかる規制。
全面高
上場されている銘柄のほとんどが上がること。